MENU

LINE掲示板で知り合った女の子とエッチが出来ず、その上警察に事情聴取されるという悲惨な目に遭った僕は、それからしばらく気持ちの整理が出来ませんでした。後々考えれば何事もなく済んだので良かったのかもしれませんが、期待を裏切られた事へのショックや安易にネットの情報を信じ掲示板を使った自分を恥じる気持ちなどが入り混じり、何とも言えない心持になっていました。自分では気が付かなかたのですが、周りの友達からするとかなり落ち込んでいるように見えたそうです。

 

そんな僕を見てAさんというサークルの先輩が「最近元気ないけどどうしたんだ?女にでもフラれたか?」と声を掛けてくれました。僕は恥を忍んで先輩にエッチが出来なかった事や警察のお世話になったことを全て打ち明けました。すると先輩はおもむろに「そりゃ大変だったな。でもな、全部お前が悪いんだよ。そんな怪しい掲示板を使うなんて俺からしたら信じられないよ。そういう誰でも無料で使える掲示板て言うのは未成年が年齢を誤魔化して良く使ってるから危険なんだよ。ほとんどが中学生や高校生って言っても言い過ぎじゃないだろうな。神待ちをしている女の子を探すなら俺に相談すれば良かったじゃないか。俺、安全で確実に神待ちしている女の子を見つけられるサイト知ってるぞ?」と語り始めました。

 

そして続けざまに「無料で使える掲示板て言うのは年齢確認がないだろ。だから未成年が蔓延ってるんだよ。要するに神待ちしている女の子でちゃんと18歳以上の女の子を見つけるためには年齢確認がある優良出会い系サイトを使わないとダメなんだ。ちなみに俺のおすすめはPCMAXとハッピーメールとJメールっていうサイトだよ。お前も使ってみろよ」と事細かく解説を始めました。

 

僕は始終「あ、はい…」と言いながら聞いていたのですが、正直先輩が何を言っているのかよく分かりませんでした。話の内容よりもなぜ先輩がそこまで詳しいのか、その事ばかりが気になって仕方ありませんでした。